カタログギフト 期限切れ

カタログギフトの期限切れに注意

最近は贈り物にカタログギフトを利用することも多いです。受け取って中身を見ながらどれにしようか迷っているうちに、気がついたら期限が近くて大慌てで選んだという経験のある人もいるかもしれません。
この期限の設定自体はカタログギフトを提供している会社によってまちまちです。短い場合だと半年や数ヶ月ということもありますし、長ければ一年、さらに長く利用ができるものもあります。会社側でも目安だから大丈夫という風に記載をしている場合も有るのですが、予めギフトとして贈る側になる場合であれば、きちんと相手が余裕を持って選ぶ事ができるように期限は長いものを選んで贈る方が親切だと言えるでしょう。

カタログギフトを貰ったら

もしも自分がもらった場合ですが、基本的にはなるべく早く欲しいものを決めて交換してしまうのが期限切れを防ぐためにも大切です。それでも結婚や引越し等いろんな事が重なれば、忙しくてカタログを見ている時間すら作るのが難しくてそのまま忘れてしまったという事もあるぐらいです。利用したギフトによっては、期限が切れる前に案内のはがきなどで通知が来るようにしている場合もあります。

忘れてしまったらどうするの?
通知などを受け取っても忘れてしまってとうとう本当に期限が切れてしまった場合には、諦めてカタログの処分をする前に一度カタログの発行会社に問い合わせをしてみましょう。問い合わせをする前には、カタログの名前やあれば型番、注文はがき等に番号などがあればそれも準備しておくといいでしょう。何か対処方法がある場合にはその案内がありますし、もしもなければその時こそ処分をする事になります。確認をする前に出してみて届いたという事もあるようですが、一般的には期間内の利用を想定してカタログギフトは発行されています。毎回期限を切れても品物の発送をしてもらえるという訳ではありません。せっかくもらったギフトなのですから、贈ってくれた人の気持を無駄にしないように交換をするようにしましょう。

カタログギフトもいろんなタイプのものがありますし、贈る側でも便利ですし贈られる側としても選び甲斐があって嬉しいものです。期限などは考えた事がないからさっさと注文をするという人であればいいですが、そのうち決めようと後でどこかにしまっておくとそのまま忘れがちなので、要注意です。期限切れでも対応してくれる会社は多いですが、最後の手段としてなるべく早めに頂いたものは交換することを心がけてみるようにしましょう。"